2009年07月20日
ブックマーク・RSSをご利用下さい⇒

未来創造堂 第170回 ほっしゃん。 片桐はいり

未来創造堂第170回のゲストは、ほっしゃん。さん、片桐はいりさんでした。

●コダワリのトーク

ほっしゃん。さんのコダワリは、動物たち

動物が大好きなほっしゃん。(敬称省きます) 色々な動物を飼っているそうです。
見せてくれたペットの写真では、カメ、リス、猿、ハムスターなどなど
それ以外にも、フクロウやカエル、コオロギを500匹くらい飼ってたこともあるんだとか
必要とされてると思われたいという気持ちがあって色々飼いたくなるそうなんですが
犬、猫は絶対飼わないそうです。(人間に魂を売ってる幹事がするらしい)
飼うのは、ちょっと野性味の残っている動物ばかりで
いつその動物に襲われるか分からないという危機感を持ちながら、一緒に過ごしたいんだそうです。
野性味のあるペットの1匹がフクロウ。
縄張り意識が強く、一緒に飼ってるハムスターを襲うこともあるんだとか
フクロウを飼ってから結婚したので、当初は奥さんが襲われることもあったそうです。
そんなフクロウのエサというのが・・・「冷凍のねずみ」
ペットショップで売っていて、本来は専用の冷凍庫に入れ保存するそうです。
それを普通の冷蔵庫の冷凍室に入れていたので
「これ食べているの?」とビックリされたこともあったそうです。

そんなほっしゃん。が憧れているフクロウがスタジオに登場
それが「メンフクロウ」ほっしゃん。が最高傑作だと言うフクロウをみんなで観察
ハートマークのようなかわいい顔がパラボラアンテナのような仕組みで周囲の音を全て拾い
体全体はフワフワな毛で覆われていて、羽音が鳴らないようになってるそうです。
大きく見えるフクロウですが、その殆どが毛で、本体は細く小さいもの
手で触るとズボッと中に入っていき、その様子に憲さん達はビックリしてました。
このメンフクロウの市場価格が18万。
ほっしゃん。が思っていたより安い価格だったので、「飼おうっかな」と思わず一言(笑

お寿司のネタとして有名な「シャコ」も飼っていたことがあるそうで
シャコの知られていないスゴイところを教えてくれました。
1つ目「打撃力がスゴイ」 ガラスの水槽を割ってしまう程のパンチ力の持ち主
その衝撃波で魚などを気絶させて食べているそうです。
2つ目「挟む力がスゴイ」 人の指を切断してしまう程の力の持ち主
エビ・カニの一種なので、カマキリのカマのようなものを持っています。
気絶させた魚などをこのハサミでガッチリ挟み、起きても逃がさないそうです。
打撃と寝技のある格闘家みたいに例えてました。



片桐はいりさんのコダワリは、キャベツ

とにかくキャベツが大好きだという片桐さん。
キャベツといえば、串カツやトンカツには付き物な野菜ですが
片桐さんは、キャベツを食べたいが為に串カツを食べに行くという感じなんだそうです。
スタジオで大阪スタイルの串カツ屋を再現
ソースの二度付け厳禁というのは有名な話ですね。
ソースが足りなくてもっと付けたい時の為に脇にキャベツが置かれてるそうです。
そのキャベツでソースをすくって串カツにソースを補充するのが大阪流。
片桐さんは、そのキャベツを片手に持ち、串カツ食べ〜の、キャベツかじり〜の
憲さんも真似て食べてみて、キャベツがご飯代わりみたいなもんなんだと納得してました。

そんな片桐さんの気になっているのがトンカツ屋さんのキャベツの違い
手で切ってるお店と機械で切ってるお店では、確実に味が違うとのこと
手で切ってるお店のほうが美味しいということで・・・
キャベツにコダワリを持っているトンカツ店の切り方を教えてもらったようです。
「銀座 かつ銀」 キャベツの上半分を繊維にそって下半分は逆に切るという千切り
「とんかつ かっぽう 銀座 かつぜん」 刺身のようにヒキ切りする事で旨みをもらさないという千切り
「神田 とんかつ 勝慢」 固めの品種(冬キャベツ)を使い、食感と甘みにこだわった千切り
切り方でシャキシャキ感、パリパリ感が変わってくるようです。

さらに番組が用意したのが、今の時期に旬を向かえ甘みの強いキャベツ
「群馬県 嬬恋村産の高原キャベツ」を畑の土と一緒にスタジオに!
まさに取れたてホヤホヤのそのキャベツを早速千切り
シャッキシャキで甘い!と皆さんその美味しさに驚いていました。
さらに、手でもぎって大きなサイズをバリバリ食べたところ・・・
そっちのほうが甘みを感じで美味しく食べれたようでした。
これは、キャベツが新鮮だからなのか、この品種ならではなのか・・ 気になりますね^^;


●コダワリのVTR
「イルカの未来を切り拓いた男 加藤 信吾」

原因不明の病気で尾びれを失ってしまったイルカ「フジ」
泳げなくなってしまったフジの為に人工の尾びれを作った人 加藤信吾さんのお話でした。
このイルカの話は、「奇跡体験アンビリバボー」でも取り上げられたと思います。
イルカの肌質と似たゴムで尾びれを再現。その開発エピソードと加藤さんの信念の言葉は
未来創造堂HPの170回コダワリのVTRをご覧下さい。
リンクは左下にあります。


●コダワリのオススメ
・ハッピーバースデーフォーク
フォークの持ち手側の先端にろうそくが付いてます。ろうそくの片付けを省略!?
詳細記事はコチラ⇒ライトバイツ キャンドル


2009年07月12日
ブックマーク・RSSをご利用下さい⇒

未来創造堂 第169回 島崎和歌子 石黒英雄 三浦翔平

未来創造堂第169回のゲストは、島崎和歌子さん、石黒英雄さん、三浦翔平さんでした。

●コダワリのトーク

島崎和歌子さんのコダワリは、かまぼこ

島崎さんはかまぼこが大好きで週に3回くらい食べているそうです。
「土佐板 上さし」 がそのかまぼこ。島崎さんの地元、高知県のかまぼこです。
かまぼこの刺身という感じで食べるみたいですね。
早速、切り分けみんなで試食、ふんわりとした食感でとても美味しいと高評価でした。
かまぼこといえば、板についている物ですよね。
その板から上手にかまぼこを切る方法を島崎さんが教えてくれました。
ポイントは「包丁の背」を使うこと。
包丁の刃ではなく、背のほうを使い板にそって切っていくと綺麗に取れるそうです。
実際にやって見せてくれましたが、1度目はちょっと失敗、2度目はホントに綺麗に切れてました。

かまぼこ好きな島崎さんの為に、番組で美味しいかまぼこが用意されました。
「梅鶴 (小田原 山上蒲鉾店)」
グチという魚だけを使った、1本3000円のかまぼこ。
ぷりっぷりの食感で、ほのかな甘みが広がるそうです。
「鯛魚羹 (京都 茨木屋)」
鯛のすり身のみを使用したかまぼこ 1本2700円。
梅鶴とはまた違った良い食感、魚の味が強い感じ、単品の料理で頼みたくなると憲武さん。
「中板蒲鉾 (福井 小牧かまぼこ)」
宮内庁に正月料理や新嘗祭用に納品されているかまぼこ。一般販売してない逸品。
香りから違うと島崎さんも驚く味。魚のすごく良い香りがするようです。



石黒英雄さんのコダワリは、メダルゲーム

メダルゲームが好きで子供の頃よくやっていたという石黒さん。
近所のデパートのゲーム広場で開店の10時から閉店の21時までずっとやっていたんだとか
そのスタイルは、腰にウエストポーチを付け、取ったコインをそこにどんどん入れてたそうです。
メダルが貯まってくると、次はまたそのメダルで遊べるので、
家でそのメダルを10枚単位に分け、何枚になったか数えるのが楽しみだったんだとか
そんな石黒さんがハマっていたメダルゲームが「SHOW REVUE」というゲーム
コインが敷き詰められたスペースの置くに動く台があって
そこにコインを落とし、上手くいけば敷き詰められたコインが下に落ちるというもの
動く台のタイミングを計ってコインを投入するのがポイントのようです。
このゲームにハマっていただけあって、石黒さんのコインの入れ方はスピードが違う!
持ち方にもコツがあって、さらに両手に持って2つの投入口から入れたりもしてたそうです。
番組で用意されたメダルゲームは、通常あるガラスが無く、自由に触れることに
これが夢だったと、石黒さんだけでなく、憲武さんや三浦さんも喜んでいました。



三浦翔平さんのコダワリは、マヨネーズ

マヨネーズが好き、いわゆる「マヨラー」な三浦さん。
何にでもかけて食べるそうですが、一般的なものではなく、もっとチャレンジしてほしい!
と、三浦さんがオススメしたのが、「マヨネーズご飯」
ご飯にマヨネーズをかけ、そこに醤油を1たらし、さらに七味をかけて出来上がり!
三浦さんのお兄さんが食べていたのを真似て食べてみたら、すごく美味しかったんだとか
それを見ていた親には怒られたそうなんですが、そこからマヨネーズにはまったそうです。
早速、オススメのマヨご飯をみんなで食べてみたところ・・
タルタルソースをかけて食べてるような感じと、あまり良い感想ではなくて
「やっぱり、ここでもアウェーか・・」と三浦さんがポツリ。

そんなマヨネーズ好きの三浦さんが、心に残る外国のマヨネーズがあるそうで
それを番組で探してみることになりました。
三浦さん自体の記憶が結構曖昧で、「ビン製でフタが青色」という手掛かりしかない状態
世界のマヨネーズのビン製でフタが青色のものが7種類用意されましたが
三浦さんの思い出にあるマヨネーズとはちょっと違ったようです。
ちなみに「レディリバティ (アメリカ)」が思い出の中の味に一番近いということでした。


●コダワリのVTR
「卵割りの未来を切り拓いた男 吉本 登」

洋菓子の工場など、材料に卵が大量に必要な場所では「割卵機」が使われています。
これは海外のメーカーの機械が殆どで、卵の殻が食品に入ってしまうという問題がありました。
今回の主人公の「吉本 登」は、卵を割って中身を出すのではなく
卵を切って中身を出す新しい割卵機を開発した人です。
その開発の詳細や信念の言葉は、未来創造堂HPの169回コダワリのVTRをご覧下さい。
HPへのリンクは左下にあります。


●コダワリのオススメ
・釘抜き&栓抜き
この番組で紹介されることの多い「合体物」です。
ついに出たと憲武さんが紹介、釘抜きと栓抜きが合体した商品でした。
詳細記事はコチラ⇒BAR PRY BOTTLE OPENER
2009年07月07日
ブックマーク・RSSをご利用下さい⇒

未来創造堂 第168回 為末 大 mihimaruGT

未来創造堂第168回のゲストは、為末大さん、mihimaruGTの2人でした。

●コダワリのトーク

hiroko (mihimaruGT)さんのコダワリは、銀杏

銀杏が大好きというhirokoさん、きっかけは落ちた銀杏を拾って食べてからなんだとか
食わず嫌いだったのに、拾ったその銀杏がすごく美味しくて、それから好きになったそうです。
生で食べても大丈夫なの?と、みんなが思った疑問
専門家によると、生食はおすすめ出来ないとのこと、食べ過ぎも中毒症状を起こす場合があるそうです。
hirokoさんは、食べ過ぎて鼻血を出したことがあるそうですが、食べ過ぎ注意ですね。

銀杏というと、どれも同じ感じがしてましたが、4種類あるそうです。
番組で3種類の銀杏が用意され、みんなで食べ比べ
「藤九郎(とうくろう)」
これが我々がよく食べている主な品種だそうです。
冷蔵保存に適している為、一年を通して食べられます。モチモチした食感とちょっとの苦味。
「金兵衛(きんべえ)」
他の品種より早い時期(8月上旬頃)に出荷される品種です。
大自然の味がするとhirokoさんは気に入った様子、苦味が強く、西尾アナは苦手とのこと
「久治(きゅうじ)」
モチモチ感があって、ほのかな甘みがあるのが特長
他の品種と比べ、味が濃いようです。 後半濃いぞ!と憲武さん

hirokoさんはお酒は殆ど飲まないそうなんですが、おつまみも好きでよく食べてるそうです。
コンビニなんかに売ってる、イカの漬けたやつをおやつ感覚で食べるんだとか
そんなhirokoさんの為に全国の珍しいおつまみが用意され、何点か紹介されました。
「燻足 北海道」
タコの足(だと思う)が1本どーんと真空パックされているおつまみ
為末さんもよく買って食べているそうです。
「眠気トンピ(イカの口) 鳥取」
結構硬い食感で、いつまでも噛んでいられるようなものみたいです。
「あぶってホタル 鳥取」
ホタルイカの姿干しかな? サイズは小さめでした。
「ミミガーチップ ミミスター 沖縄」
コリコリしていてちょっと甘い感じ、hirokoさんのマイブームみたいです。


miyake (mihimaruGT)さんのコダワリは、お掃除

miyakeさんは掃除が大好きで、結婚してるそうですが、掃除や洗い物はmiyakeさんがやってるそうです。
料理は奥さんが作り、後片付けはmiyakeさん、コンロから排水溝までピカピカにするんだとか
お掃除好きは家だけに留まらず、洗車も好きでカナリ綺麗にしてるようです。
おすすめの洗車グッズがグローブ状のもので、それでホイールの中までピカピカにするようです。

そんな掃除好きのmiyakeさんの悩みが、ガラスや鏡のウロコ状の汚れ!
白く点々と付くアレです。一度着くと取れないのでアレを何とかしたいとのこと。
番組で掃除のプロの意見を聞いたところ・・・
あの白いウロコ状の汚れは、水の中のカルシウムなどが侵食したもので
着いてしまったら、もう削り取るしかないそうです。
用意する道具は、「デニム生地 と 研磨剤入り洗剤」
厚手のデニム生地に、研磨剤入り洗剤を付け、ゴシゴシ磨くと汚れはとれるそうです。
ただ、研磨剤が含まれていますので、傷がつく恐れがあるので力加減に注意が必要とのこと。
汚れた鏡も用意され、早速みんなで実践してみました。
しつこく残った汚れもありましたが、磨き終わった鏡はピッカピカに!
miyakeさんは、帰ったらソッコーやりますよ。と、やや興奮気味でした。



為末 大さんのコダワリは、ヒトの足

ヒトの足を眺めるのが好きなんだという為末さん。ついつい足を見てしまうそうです。
陸上選手でありトレーニング法などの本を書かれてますので、その職業柄といったところでしょうか
為末さんが言うには、ヒトは立ってスポーツをするから、その動きが足に出るそうです。
例えば、陸上選手なら前から見るとスッと細い足なんだけど、横からみると太い。
これは前後の動きだけを追求していくスポーツなので横の筋肉がつかないからなんだとか
なので、筋肉のつき方や体重のかけ方などを見ると、その人が何のスポーツをやってきたか
速そうな足をしてるとか、長距離向き、短距離向き、そういうのが大体分かるそうです。
あと、筋肉には、白筋と赤筋という2種類があって
速くて長く持たない筋肉(白筋)、長く持つけど速く動かない筋肉(赤筋)
この割合は、生まれた時に決まっており、どんなトレーニングをしても変わらないそうです。

番組で各分野のスポーツ選手に登場してもらいスポーツ当てクイズ!
足だけを見て、何の選手なのか当ててもらおうという企画。
シンクロ、柔道、バレエ、ラグビー、競輪、長距離走、短距離走の選手が登場
完全に正解したのは、ラグビーと柔道だけという微妙な結果になりました^^;


●コダワリのVTR
「ソーセージの未来を切り拓いた男 中村 實」

パリッとした食感のソーセージは、天然腸で作られたソーセージです。
天然腸で作るソーセージは、本場ドイツでも大量生産は無理と言われていた代物。
このソーセージが大量生産出来るようになったのは、ごく最近の話なのです。
天然腸のソーセージを作る機械を産み出した人が中村實さんのお話でした。
この機械完成までの開発秘話の詳細や、中村實さんの信念の言葉は
未来創造堂HPの168回コダワリのVTRをご覧下さい。HPのリンクは左下にあります。


●コダワリのオススメ
・キャリーターン
キャリーバッグの持ち手部分に取り付けると楽に動けるように!
詳細記事はコチラ⇒TravelTow(トラベルトウ)

2009年06月29日
ブックマーク・RSSをご利用下さい⇒

未来創造堂 第167回 諸星和己 大槻ケンヂ

未来創造堂第167回のゲストは、諸星和巳さん、大槻ケンヂさんでした。

●コダワリのトーク

大槻ケンヂさんのコダワリは、ヌンチャク

ヌンチャクを振るのが趣味?な大槻さんは、ライブのステージ上でも披露していて
ステージ衣装には、ヌンチャクを入れる為のポケットが付けられてました。
ヌンチャクが好きになったきっかけは、もちろん「ブルース・リー」
当時の日本ではヌンチャクは販売されておらず、モップを二つに切り自分で作ったそうです。
憲さんも同じ感じで、すりこぎ棒でヌンチャクを作ってたんだとか。

ブルース・リーは、撮影の時ラバーの付いた柔らかいヌンチャクを使っていたそうです。
それに対し、女ブルース・リーと言われた志保美悦子さんは、木のヌンチャクで撮影したんだとか
映画の裏話を聞けたけど、ブルース・リーファンには残念な情報だったかも?
芸能界には、ヌンチャク好きが何人かいるようで
以前、この番組でヌンチャクを披露した沢村一輝さんを始め
山崎まさよしさんが振ってる情報があり、伊藤かずえさんは新聞でも紹介されたんだとか
この3人+大槻ケンヂで「芸能界ヌンチャク四天王」なんだそうです。
そんな大槻さんが、ヌンチャクの腕前を披露
ステージでやっているだけあって、ビシっと決まっていました。
風船を割るパフォーマンスもあって、武器としても使いこなしてる感じでしたね。



諸星和己さんのコダワリは、食べ物アレンジ

どんな物でも自分の味にアレンジしないと気がすまないタチだという諸星さん
それが講じて、ホットドックをプロデュースするようになったそうです。
その場所が、ニューヨークメッツの新しい球場! やる事も場所も驚きですね^^;
その球場で今年4月から売られている「All Star Shrimp Dog」がソレ。
ただ、プロデュースはしたけれど、権利とかは一切ないそうです。
メッツの球場によく通っていて、そこにある寿司屋の「だるま寿司」
アメリカの寿司屋さんでは、ドラゴンロールといってエビフライの巻き寿司があるそうで
その店でエビフライだけを売ってもらい、近くの売店のホットドックに乗せて食べてたそうです。
その様子を見ていたお店の人が、面白い食べ方をしてるなと興味を持ち
このホットドックを開発する流れになったそうです。
このホットドックをニューヨークから取り寄せ、みんなで試食。
エビなのでヘルシー、日本人にもウケルと思うと西尾アナも大絶賛でした。
諸星さんのプロデュースした食べ物は他にもあって
「元祖 焼きそば かーくん」ぶた家 別館 恵比寿
恵比寿にある このお店(豚しゃぶ屋さんらしい)でしか食べられないメニュー
静岡県出身の諸星さんが富士山をイメージして作ったそうです。
焼きぞばのてっぺんには白髪ネギ、焼きそばの具の緑色が樹海をイメージ
肉はサファリパークで、焼きそばの中に入ってる目玉焼きは溶岩をイメージしてるんだとか

味に色々なこだわりがある諸星さんが好きなものが「残ったタレ」
ハンバーガーの包み紙に残ったタレが大好きで、服についちゃったタレもたまんないんだとか
服に飛んだのは、服の生地とタレのハーモニーみたいなのが好きなんだそうです。
昔から、こういうのが好きで、全部食べないと勿体無いという感覚が強い感じみたいです。
残ったタレの登場で諸星さんは大興奮でしたが、憲さん達はちょっと引き気味でしたね^^;


●コダワリのVTR
「豚肉の未来を切り拓いた男 大田 朝憲」

沖縄の黒豚アグーは、日本で最も古い在来種です。
鹿児島の黒豚を始め、国内ブランドの黒豚のルーツは全てアグーなのです。
日本の黒豚の父とも言えるアグーが1980年代、絶滅の危機に瀕していたのです。
滅びかけたアグー種を蘇られせたのが、高校教師だった大田朝憲とその生徒達でした。

このお話の詳細と信念の言葉は、未来創造堂HPの167回コダワリのVTRをご覧下さい。
HPへのリンクは左下にあります。


●コダワリのオススメ
・バナナフックバナナ
バナナが下から変色してくるという問題を解決するための道具です。
詳細記事はコチラ⇒BANANA SPLIT(バナナ スピリット)
2009年06月22日
ブックマーク・RSSをご利用下さい⇒

未来創造堂 第166回 堂珍嘉邦 黄川田将也

未来創造堂166回のゲストは、堂珍嘉邦さん、黄川田将也でした。

●コダワリのトーク

堂珍嘉邦さんのコダワリは、野菜ゴロゴロカレー

お店のカレーで美味しいと思ったことがあまり無いという堂珍さん。
一番美味しいと思うのは、自分で作る野菜がゴロゴロしているカレーなんだそうです。
具のサイズが、「おでん級」くらいのカレーをよく作るんだとか
そんな大きな具だと火が通らず硬いんじゃ?と憲武さんが質問
2日目・3日目と寝かせれば美味しくなるカレー、硬さは時間が解決してくれるそうです。
ちなみに・・ カレー研究所 所長 井上岳久さんによると
野菜ゴロゴロ派は3割、野菜溶けてる派は7割ではないかという意見。

スタジオにキッチンが用意され、堂珍流ゴロゴロカレーを作ってくれました。
カレーのルゥは、「DINNER CURRY」のみ
以前は色々なルゥをブレンドしてたそうですが、結局1色になったんだとか
そして、気になる具のサイズは・・
じゃがいもは丸ごと1個、人参は5回切っただけ、玉ねぎは1/4
簡単にというのも堂珍さんのポイント、玉ねぎなんかもあえて炒めないそうです。
全ての材料を炒めたら、水を入れ、煮込んだらルゥを投入。
番組の時間内では完成しないので、前もって作ってもらったカレーが登場。
出来上がったカレーの具は、かなりの大きさでしたが
2日目のカレーでも具がしっかりしてるんだ と、憲さんは感心してました。



黄川田将也さんのコダワリは、柔軟剤のニオイ

黄川田さんがハマっているのが柔軟剤のニオイ
今、使っているのは「ダウニー」で約3年くらい前から使ってるそうです。
ダウニーの前に使っていた柔軟剤も揃え、原液のニオイを比べてました。
「ダウニーリキッド クリーンプリーズ」
黄川田さんが現在つかっている柔軟剤、そんなにキツクなく懐かしい感じがするニオイ
「レノア フレッシュグリーン」
ミント系の優しい香り、甘いニオイ。
「ファーファ」
家族と公園というイメージ、爽やかな香りってことかな。

黄川田さんのコダワリは、柔軟剤を入れる時間にもあって
以前は洗濯の終わる9分前に入れていたそうですが、現在は12分前に入れるそうです。
12分前に入れることで、仕上がりのニオイが全然違うそうですよ。

そんな黄川田さんの願望が「口の中にも入れたい」
飲んでしまえば、胃の中から香るんじゃないかというスゴイ発想を持っていました。
そこで番組で、口に入れられるダウニーの香料を作ってもらえないか依頼したところ。
それは不可能とのこと。香料にはフレグランスとフレーバーの2種類があって
ダウニーのフレグランスの香りをフレーバーで再現するのは難しいそうです。
作るのは難しいので、ダウニーで洗濯したタオルと一緒に密閉し香りを移すことに
「ご飯」「カマボコ」「白玉」「マシュマロ」にダウニーの香りをつけて試食
どれも不評でしたが、マシュマロが辛うじて食べられる感じみたいでした。
本来、柔軟剤には人が口にしたくなくなるようなニオイがつけてあるそうです。




●コダワリのVTR
「精米の未来を切り拓いた男 佐竹利市・佐竹利彦」

親子2代にわたり、精米機を作り出した男のお話でした。
原始的な米をつくというやり方を機械化し、削る機械に進化させた佐竹利市
研削式では削れ過ぎてしまう為、摩擦式の精米機を作りだした佐竹利彦
摩擦式に研削式の技術を取り入れた精米機が現在のスタンダードになっています。
この2人の開発秘話・信念の言葉は、未来創造堂HP 166回 コダワリのVTRをご覧下さい。
HPへのリンクは左下にあります。


●コダワリのオススメ
・平行バランスしゃもじ
しゃもじを横向きに置いても、よそう部分は下につかないしゃもじです。
詳細記事はコチラ⇒ちょい置きしゃもじ
2009年06月15日
ブックマーク・RSSをご利用下さい⇒

未来創造堂 第165回 木村カエラ 麒麟

未来創造堂165回のゲストは、木村カエラさん、麒麟さんでした。

●コダワリのトーク

木村カエラさんのコダワリは、スノードーム

スノードームをコレクションしているという木村カエラさん
ご自分のコレクションをダンボールに入れ、スタジオに持ってきてくれました。
大小あわせて3〜40個くらいありましたが、それで半分くらいなんだとか
ちなみに、憲武さんも現在コレクションしているんだとか
カエラさんと同じ物をオーストラリアで購入したそうです^^;
カエラさんがスノードームを集め出したきっかけは、元々収集癖が強く
フィギュアとか色々集めてたんだけど、大人になってきて大人向けの物に変えようと思って
それでスノードームを集めることにしたそうです。

スノードームは、その土地土地で売られているもので、結構古くからあるそうです。
自分で買うのもあるんだけど、友達の旅行のお土産に貰うことも多いそうです。
そうやってコレクションされたスノードームを何点か紹介してくれました。
「名古屋のスノードーム」
中にシャチホコがあり、ひっくり返して振ってみると一面に金粉が!
派手すぎて、中が見えなくなってしまうほど・・
「フィリピンのスノードーム」
なぜかカントリー風のおじさんが中に・・ 振ると星型のスノーが舞い散ります。
「石鹸で出来ているスノードーム」
ドームがありまわりが石鹸で出来ているみたいです。使っていると中身が取り出せるタイプ!?
レアな物も結構持っているみたいで、それも紹介
「シザーハンズのスノードーム」
中に主人公とヒロインが向かい合って立っている限定商品
限定と聞いて、これは買わないと!と思い閉店間際のお店に駆け込んだそうです。
「サンタのお腹がスノードーム」
サンタの人形のお腹の部分がスノードームになっているもの、ビンテージものらしい

カエラさんのドームを見て、「今日、初めて可愛いと思った」と西尾アナ
みんなでオリジナルスノードームを作ることになりました。
・ドームのフタになる土台に、人形などを乗せて接着
・ドームにキラキラ光るスノーと専用の水(グリセリンと洗剤が入っている)を入れます
・作成した土台でフタをすれば完成

【スノードームはこんな商品】




(麒麟)川島 明さんのコダワリは、洗濯機

川島さんは、子供の頃から動いている洗濯機を開けて中を見ているのが好きだったそうです。
それが高学年になった頃、安全装置が付けられて、フタを開けると洗濯機が止まってしまう。
もう洗濯している様子は一生見られないんだと残念に思っていたんですが
「ななめドラム式洗濯機」が発売され大喜び! 洗濯機の前に座り3時間くらい眺めていられるそうです。
この話をすると、大体の人がえ〜?って反応するらしいんですが・・・
50人に1人くらいの人が私もそうです。と、共感してくれるそうなんです。
と、いう話をしていると、木村カエラさんも何時間でも見ていられると共感。
50人に1人というのは田村さんの推測ですが、結構好きな人がいるみたいですね。

スタジオに最新のドラム式洗濯機が用意され、その動きを観察
各メーカー、それぞれ特長的な動きがあるみたいでした。
・ダンシング洗浄「パナソニック NA-VR5500L」
中の洗濯物がまるで踊っているような動きをしていました。
・高速回転脱水「ミーレ WT2670WPM」
すごい音を立てて脱水開始、そして高速回転。ドイツのメーカーの洗濯機。
・ムービングシャワー「東芝 TW-5000VFL」
中にあるシャワーが動き、まんべんなく水をかける仕組みのようです。
・「シャープ ES-V300」
同じ部屋に置いてあったものの、ふれられず特に説明はなし。

洗濯物を見る・見ないに関わらず、ななめドラム式洗濯機が今の主流で
その理由は、縦型に比べ水の量が少なくてすみ、電気代も掛からないからなんだとか
ちょっと大きめなので設置スペースが問題かもしれませんね。


(麒麟)田村 裕さんのコダワリは、パン

パンが大好きな田村さん、1日3食パンだったとしても全然問題ないそうです。
公園で生活していて、食べるもので困っていた頃
公園でハトにエサをあげていたおじさんから、パンの耳をもらい飢えをしのいだとか
長い時間噛んだほうが満腹中枢が刺激されるので、授業中に手で隠しながらパンを食べた
と、いうエピソードを聞かせてくれました。
そんな田村さんの、理想的な1日の食事が
・朝 バターロールなどのパン2個
・昼 バターロール、カレーパン等の惣菜系のパン、チョコパンなどの甘いパン
・夜 昼と同じパンでスープが付く
毎日これでいいそうです、1年でも2年でも、3年でもいいんだとか^^;
そんなパン好きな田村さんが一言言いたいものが
「パン・具・パン・具・パン」となっているサンドイッチ
ミックスサンド的な作りにせず、きっちり分けておいてほしいそうです。
憲さんやカエラさんも頷いてたので、そう思ってる人は多そうですね。


●コダワリのVTR
「人口雪の未来を切り拓いた男 森 太郎」

現在生産されている物の殆どのは、耐候試験を経て世に出されています。
耐候試験とは、天候に対する耐久性の試験で、雨や風、太陽光を自然に作り出し
その中でどのくらい耐えられるか調べることです。
第二次大戦の時代から欧米では、兵器などに耐候試験が行われていました。
それを知り、国内で耐候試験機を作り出したメーカーが「スガ試験機」でした。
その「スガ試験機」で働き、様々な気象条件を産み出すエキスパートと言われた人が 森太郎。
雪の耐候試験の為に本物と同じ雪を作り出せないかチャレンジし作り上げた人です。

森太郎の製作秘話や信念の言葉は、未来創造堂HP165回コダワリのVTRをご覧下さい。
HPへのリンクは左下にあります。


●コダワリのオススメ
・かき混ぜカップ
ボタンを押すだけでコップの中身を混ぜられるカップ
詳細記事はコチラ⇒トルネードマグ
2009年06月09日
ブックマーク・RSSをご利用下さい⇒

未来創造堂 第164回 hitomi U字工事

未来創造堂第164回のゲストは、hitomiさん、U字工事さんでした。

●コダワリのトーク

hitomiさんのコダワリは、タオル

hitomiさんはタオルの肌触りがとても好きで、シーツの上にタオルケットを敷いて寝てるそうです。
シーツのスベスベ感がどうも落ち着かないということで
ホテルで宿泊する時も、必ずシーツの上にタオルを敷いてから寝るそうです。
そんなhitomiさんが驚いたタオルが、「ザ・リッツカールトン大阪」のタオル
大判でとてもフカフカしていてすごく気持ちよかったそうです。

と、いうことでスタジオに一流ホテルのタオルが大集合 ホテルによって違いがかなりあるみたい
●「ザ・リッツ・カールトン大阪」
主に海外のお客様に好まれる、10番という極太の糸で作られたタオル
(一般的な普通のタオルは20番の糸で作られてるそうです。)
●「星のや 軽井沢」
1枚8000円のタオル、細さに優れたスウピマメンという超高級綿で作られたタオル
●「グランド ハイアット 東京」
ガス焼きという手法を用いて、毛羽を焼き毛玉を防ぎ、さらに光沢を出しているタオル
このタオルが一番吸い取りが良いと思う と憲さんとhitomiさん
●「ホテルオークラ東京」
サンコウキンスメンという高級綿、太めの糸で作られたタオル

この4つのタオルを比べたhitomiさんの一番は「グランドハイアット東京」とのこと。
綿や手法が違うものの、実はこの4つのタオルを含め一流ホテルの多くが使っているタオルは
今治にある「正岡タオル株式会社」のタオルなんだそうです。
同じメーカーのタオルでも、そんなに違いがあるとは驚きですね。

【楽天市場で売れているバスタオル1〜10位】




U字工事のコダワリ 1つ目 マグネシウム

U字工事の2人は、東京出てきてから10年くらいマグネシウム工場でアルバイトしてたそうです。
マグネシウムは、携帯電話のボディやパソコンの底の部分に使われているもので
機械で大量生産されているその部品の仕上げ(バリ取り・研磨)を2人はやっていたそうです。
2人は中々技術も高く、ラインのリーダーを任されるほどだったとか
そんな2人の腕前を見るべく、お世話になっていた会社から仕事の依頼が入りました。
1年ぶりの作業という2人が、黙々と作業し、なんとか完成。
憲武さん達が触ってみると、感触が全然違うと驚いていましたが・・・
検品に社長が登場! 研磨不足で線が消えておらず、このままでは店頭に出せないとダメ出し。
U字工事の2人はフツーに落ち込んでいました。


U字工事のコダワリ 2つ目 焼きそば

栃木県宇都宮市といえば餃子が有名ですが・・・ 宇都宮は焼きそばも名物なんだとか
太綿せいろ蒸しで独特の製法のある宇都宮焼そば、焼きそば専門店も何十件もあるそうです。
でも、全国的にはあまり取り上げられてません。
餃子の協会は結構盛り上がっているのに、焼きそばのほうがやってる人がお年寄りが多く
盛り上げていこうというエネルギーがあまり無いことが原因なんだとか
そんな宇都宮焼きそばのオススメの店が
「あおやぎ やきそば 宇都宮」
メニューは焼きそばしかないそうです。
キャベツだけ乗ってる焼きそばを基本として「イカのせ」「肉のせ」「玉子のせ」があるようです。
持ち帰ることも可能ということで、テイクアウトで焼きそばを持ってきてくれたのですが
せっかくということで、お店の人が登場。スタジオで焼いてくれました。
麺を茹でたあと、ソースで下味がついているのがこのお店の特長で
出来上がった焼きそばにお好みで青のりやソース等で味付けするそうです。
完成した味付けの物を出すお店とはちょっと違う感じですね。


●コダワリのVTR
「タオルの未来を切り拓いた男 里井 圓治郎」

日本におけるタオル発祥の地“大阪府泉佐野市”に生まれ
タオル生地の特長である「パイル」を織る機械を産み出した人、里井圓治郎のお話でした。
このお話の詳細、里井圓治郎の信念の言葉は
未来創造堂HPの164回、コダワリのVTRをご覧下さい。(リンクは左下にあります)


●コダワリのオススメ
・手提げシール
持ちにくい箱もあっという間に手提げにできるシールが紹介されました
詳細記事はコチラ⇒バックハンドル
2009年06月01日
ブックマーク・RSSをご利用下さい⇒

未来創造堂 第163回 宮崎大輔 鈴木亜美

未来創造堂第163回のゲストは、宮崎大輔さん、鈴木亜美さんでした。

●コダワリのトーク

宮崎大輔さんのコダワリは、ハンドボールな肉体
ハンドボール日本代表選手で、現在海外移籍を考えている宮崎さん
常日頃ハンドボールの事を考えてしまう体になっているようです。
丸い物を見ると持ってしまうクセがあり、スーパーに行くと野菜や果物を片手で持ってしまうんだとか
本当は持ったうえで、肩を回し、肩にどれくらいの負荷がかかるのかみたいそうですが
さすがにスーパーなのでそれはやらないそうです。
そして次のクセが、高いところに触りたくなる、ジャンプするクセがあるんだとか
番組のセットのハリ295pにギリギリ届くか届かないかくらい
垂直飛びの最高は97cm、バスケのゴールにも届きそうな感じでした。
続いてのクセが、交差点などで人をしっかりかわしてから歩くというクセ
人混みで自分に向かってくる人を敵と見立てて歩いてしまうんだとか
スタジオに50人の人を集め実験、触れた人もいましたが試合のような動きはさすがでした。



鈴木亜美さんのコダワリ その1お酢

鈴木亜美さんは、お酢を飲むのが好きで毎日飲んでいるそうです。
まずは、ご自宅から持ってきた数本のお酢を紹介。
その中から毎日必ず飲むという1本「マスカット&酢」をみんなで試飲
憲さん「お酢じゃない」と一言、宮崎さんと西尾アナも美味しそうに飲んでました。
おすすめの中の「純リンゴ酢」を憲さんや宮崎さんが飲んでました。
こちらは、うは〜っと声が出るくらいお酢っぽい味みたいです。

番組で世界のお酢を用意
「スペイン デ・ソト 24年  原料:シェリー(ブドウ)」
年間2000ケースしか作られないという貴重なもの、亜美さんお好みの味
「奄美諸島 かけろま  原料:サトウキビ」
一瓶3000円とちょっと高価なお酢。
「中国 コウジュンコウズ  原料:もち米」
亜美さんがうなるほど、きつめのお酢みたいです。
「イタリア ムッシーニ プレミアム バルサミコ グランベッキオ バルサミコ 100年 原料:ワイン」
400年を誇る老舗のバルサミコ酢の100年もの なんと6万円。
トロトロのそのお酢は、プルーンのような感じてとても美味しいみたいです。

▼鈴木亜美さんのお気に入りの酢

「マスカット&酢」

鈴木亜美さんのコダワリ その2辛い鍋

酸っぱいものに続き、辛い物も大好きだという亜美さん。よく行くお店の鍋が用意されました。
「火鍋 赤坂 小肥羊(しゃおふぇいやん)」
薬膳のものが多く入っていて、風邪の時に食べると1発で治るんだとか
辛いスープと白いスープが半分半分になっていて、お好みの味にする鍋
亜美さんは辛いほうだけ食べて、白い方は一緒に行った人に食べてもらうそうです。
亜美さん用に特注の辛さにしてもらったそうなんですが・・・
西尾アナはあまりの辛さに涙を流し、宮崎さんも辛いとうなり
5対5に薄めた憲さんでもうわ〜っと悲鳴をあげていました。
そんな辛さでも、ケロッとした顔で美味しいと食べる亜美さん。
その辛さでも後半は慣れてくるので中にある唐辛子を食べたりするそうです。


●コダワリのVTR
「屋内競技場の未来を切り拓いた男 川口 衞」

東京オリンピックの為に建てられた「国立代々木競技場」
世界で初めて釣り屋根構造で建てられた競技場、日本の誇る建築物とも言えます。
屋内に広いスペースを確保する為に採用された釣り屋根構造は視覚的にも経済的にも理想的な形
建築家 丹下健三がデザインし、その構造設計を担当したのが川口衞でした。

代々木競技場 完成までの苦労の日々や、川口衞の信念の言葉は
未来創造堂HPの163回コダワリのVTRをご覧下さい。
(リンクは左下にあります)


●コダワリのオススメ
・自立しゃもじ
置き場所に困った時に立てておくことの出来るしゃもじ
詳細記事はコチラ⇒ひとり立ちしゃもじパート2
2009年05月24日
ブックマーク・RSSをご利用下さい⇒

未来創造堂 第162回 東方神起

未来創造堂第162回のゲストは、東方神起の皆さんでした。

●コダワリのトーク

東方神起のコダワリ その1 マンガやアニメ

東方神起の皆さんは、日本のマンガやアニメが大好きとのこと。
スタジオに持ってきていたのは、「20世紀少年」と「DEATH NOTE」の韓国版
絵は同じだけど、台詞の文字は全て韓国語になってるそうです。
マンガやアニメ、特にアニメを見て日本語を勉強してるんだとか
日本のアニメは、言葉を替えて韓国でも放送されているそうで
日本に来てから、「このアニメ日本のだったんだ」と驚いたそうです。
東方神起が大興奮したイントロクイズで出されたアニメの曲は、日本でもお馴染みのものばかり
「マジンガーZ」「ヤッターマン」「妖怪人間ベム」「勇者ライディーン」
「ガッチャマン」「キャプテン翼」「黄金バット」
東方神起が韓国語で歌ってくれたんですが・・ どれも日本語の歌とは感じが違いました。
東方神起さん達が特別詳しいわけではなく、韓国の人なら大体みんな知ってるアニメみたいです。
日本のアニメはスゴイですね。


東方神起のコダワリ その2 豚の焼き肉

韓国の国民的料理であり、一番人気のある料理が「サムギョプサル(豚の三枚肉)」
東方神起の皆さんも大好きな料理なんだそうです。
鉄板を斜めに置き、余分な油を下に流すようにするのが本場の焼き方
そうやって焼けた豚肉を、サンチュにエゴマの葉、ニンニク、唐辛子を巻いて食べるそうです。
最後の〆に残ってるネギやコチュジャンやキムチを使いチャーハンを作ると美味しいんだとか
チャーハンは作ってませんでしたが、皆さん美味しそうに食べていました。

東方神起の皆さんが日本に来てハマった食べ物が「納豆」 韓国には無いそうです。
鍋に入れたり、カレーに入れるのがお気に入りみたいです。
そんな東方神起さんの為に、色々な物を納豆菌で発酵!
「豆腐」「グリーンピース」「ぎんなん」「チーズ」「コーン」
どれも微妙だったようですが、しょう油を入れた豆腐の反応が一番良かったものの・・
納豆はやはり普通の納豆が良いという結果になりました。

この回の動画が見れます⇒『動画』 未来創造堂162回 ゲスト 東方神起

●コダワリのVTR
「焼き肉の未来を切り拓いた男 山田 武司」

今では、焼き肉屋に無くてはならない「無煙ロースター」を開発した人のお話でした。
開発秘話や、山田武司の信念の言葉は、未来創造堂HPの162回コダワリのVTRをご覧下さい。

シンポ株式会社 http://www.shinpo.jp/ov/history/index.html


●コダワリのオススメ
・セルフ専属カメラマン
自分1人でカメラで撮影するとアングルが近すぎたり、ワンパターンになってしまう
そういう悩みを解消してくれる棒?が紹介されました。
↓こんな感じの商品

色と形がちょっと違うので紹介された物とは違いますが・・ 使い方は同じみたいです。
1人で色々なアングルから撮りたい時には役立ちそうなアイテムです。

2009年05月17日
ブックマーク・RSSをご利用下さい⇒

未来創造堂 第161回 SAM 多岐川華子

未来創造堂161回のゲストは、SAMさん、多岐川華子さんでした。

●コダワリのトーク

SAMさんのコダワリは、サイ

SAMさんが一番好きな動物がサイ、中でもシロサイが一番好きなんだそうです。
好きになったキッカケは、20歳の頃のサファリパーク
サイの肌の質感とかを間近で見て、恐竜っぽいことに驚き、そこから好きになったんだとか
確かに恐竜っぽいですね。 憲さんも改めて実感してる感じでした。
サイは全部で5種類あり、シロサイ、クロサイ、インドサイ、スマトラサイ、ジャワサイ
この順番で数が多く、ジャワサイは数が少なくなってきてるそうです。
SAMさんは、サイのグッズのコレクターでもありフィギュアとか集めているみたいでしたが
サイのグッズというのは中々売っていないそうです。
番組で紹介していた置き物は、ラスベガスで買った物とのことでした。
↓楽天市場で見つけたシロサイフィギュア

こういったサイグッズだけでなく、写真や動画も見て楽しんでいるようです。
番組で紹介されたサイの豆知識
「サイのゴハン 日本平動物園より」
朝… 干し草 4s  昼… 干し草 4s
夕… 干し草 6s サツマイモ2s キャベツ1s 人参1s
マメ科の草5s 小麦の殻500g 草食動物用飼料1kg



多岐川華子さんのコダワリ その1 タバスコ

タバスコが大好きな多岐川さんオススメの食べ方が
白いゴハンにタバスコをかけ、さらにしょう油をたらしてかき混ぜるという食べ方
多岐川さんの分量でということでいつも食べてる感じでやってもらうと
ライス(小)くらいの量のゴハンにタバスコを約20滴、そこに軽くしょう油をかける感じでした。
このタバスコライスは、お母さんの多岐川裕美さんも好きなんだとか
これを食べて憲武さんは「嫌じゃないです」 SAMさんは「もうちょっとしょう油をかけたい」
西尾アナはイマイチな感じで「具を入れて炒めたいです」という感想でした。

多岐川華子さんのコダワリ その2 小鼻

小鼻や鼻の汚れや黒ずみが気になって仕方ないという多岐川さん
昔は、メイク落とさずに寝ちゃっても何もなかったんだけど
2年くらい前にメイク落とさずに朝見ると、黒ずみになってることが分かり
それ以来、鼻の汚れだけが気になってしょうがないらしいです。
そんな多岐川さんが、インターネット等で調べ色々試した結果
「小鼻専用のブラシ」が発売されていて、それが一番良いとのこと
まだ1代目というそのブラシを使い、週1、2回小鼻をブラッシングしてるそうです。
汚れをとりすぎても良くないみたいなので、使うのは週1,2回でいいみたいですね。
↓オススメしていたブラシはコレだと思います


使っていた石けんはDHCなのは間違いないのですが、商品は特定できませんでしたが

これじゃないかなと思います。
この2つを使い、鼻だけをコチョコチョっとブラッシングした多岐川さんと西尾アナ
ブラシの肌触りは良いみたいで「気持ちいい」と西尾アナの感想

通販情報⇒『小鼻専用洗顔ブラシ』 尺 KUROZUMI.TORU の価格


●コダワリのVTR
「動物園の未来を切り拓いた男 田野 点」

動物達の野生本来の姿を見せる「行動展示」で人気となった旭山動物園
その中の1つ、チンパンジーの森を鉄骨で作り上げた人、田野点(たの ともす)のお話でした。

開発の苦労話や田野点さんの信念の言葉は
「未来創造堂HP」の161回、コダワリのVTRをご覧下さい。

旭山動物園公式ホームページhttp://www5.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/


●コダワリのオススメ
・地下鉄ネクタイマップ
地下鉄の路線図が描かれたネクタイ、関東版と関西版があるようです。
詳細記事はコチラ⇒地下鉄マップネクタイ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。