2009年05月11日
ブックマーク・RSSをご利用下さい⇒

未来創造堂 第160回 江口洋介

未来創造堂第160回のゲストは、江口洋介さんでした。

●コダワリのトーク

江口洋介さんのコダワリ その1 釣り

江口さんのお祖父さんもお父さんも釣りが大好きだったそうで
その影響もあってか江口さんも大の釣り好き、自分の子供もきっと好きになるだろうと語ってました。
そんな江口さんは、仕事の時も釣りの事は忘れていません。
ドラマのロケ現場に行った時には、あの川釣れそうじゃないかなと考えたり
海外に行った時にも、コンパクトに畳める竿と釣りセットを持っていくそうです。
スタジオに持ってきていた釣竿は30年くらいに買ったものらしくグラスロッドで柔らかい
現在売られている竿はカーボンロッドが多く?それだとヒットした時の引きが楽しめないんだとか。
と、いう訳で昔使っていた竿などに興味を持っているそうです。
バリに行った時に、この竿で釣った魚のエピソードは大変面白かったです。

次に、江口さんに釣りを教えてもらおうってことで
写真を見て、どこに魚がいるのかポイントを教えてもらいました。
川釣りの場合、水が岩などにあたって淀んでいるあたりに魚がとどまってることが多いそうです。
流れの遅い川や湖なら、木の枝の下で虫が落ちてくるのを待ってる魚がいるとのこと
ブラックバスなんかは、そういうところを狙うといいそうです。

続いて色々あるルアーを説明してくれました。
まず見せてくれたのが「トップ」 トップウォーターとも言われるやつだと思います。
水面に浮くタイプで、水面をバチャバチャと動く虫などを擬態しているものです。
その動きが重要で形はなんでもいいんだとか、見せてくれたルアーはネコでした(=^・^=)
次に見せてくれたタイプは「ちょい潜るやつ」
小魚のような形で水に浮いてるルアーを引っ張るとちょっとだけ下に潜りまた浮いてくる
これをひき方によって生命感をもたせ魚をおびきよせるみたいです。



江口洋介さんのコダワリ その2 暖炉

火を眺めていると心が和むという江口さん
キャンプに行った時も、薪を焚いて、みんなでそれを囲んで酒を飲んでワイワイガヤガヤ
そういうのが好きで、ご自宅にも暖炉を設置してあるそうです。
憲武さんの家にも暖炉があるそうで、最初は飾りだけになるかなと思っていたのに
ちょくちょく焚いて楽しんでるそうで、今は暖炉の部屋の設計失敗した〜なんて思ってるとか。
この設計に関しては、江口さんも同じことを思っているみたいで
大きなテレビのリビングを作ってしまい、暖炉は隅っこのほうへ、それが大失敗。
「暖炉のリビングを作らないと・・」お2人が口を揃えて言いました(笑
江口さんも同じ思いをしてるらしく、その部屋に入るとみんなはテレビのほう向いて座るんだけど
江口さんだけが暖炉のほうを向いて座り、テレビも見たいが暖炉も見たい状態になるそうです。

スタジオに用事された世界中の薪ストーブ
・ダッチウエスト (アメリカ) 38万8500円
扉の形や上に鍋を乗せられるところなど「いいっすねぇ〜」の声が飛び交ってました。
ただ、掃除がちょっと面倒かも、という意見。
・モルソー (デンマーク) 24万1500円
デンマークの王室御用達のものらしいです。
・ニーベ (スウェーデン) 79万8000円
これが江口さんのご自宅にあるのと同じ物
受け皿が付いていて、灰が簡単に捨てられるところがポイント。
見た目が良いだけじゃなくて、暖炉上部で色々出来るところが気に入ったそうです。
・サンセット (アメリカ) 34万9650円
薪がど〜んと見えるタイプの古くからあるようなタイプの暖炉

そして、日本製の薪ストーブ
・新保製作所 (日本) 4200円
4200円という安さに江口さん憲武さんビックリ。「これ渋い!」と江口さん。
ドラマ「北の国から」でも使用されたものらしいです。

最後に江口さんコダワリのドリッパーでコーヒーを作ってくれました。
・ケメックス (アメリカ)ドリップ式コーヒーメーカー
ニューヨークの近代美術館に入ってるような、名のある物みたいです。


●コダワリのVTR
「釣り竿の未来を切り拓いた男 大村隆一」

釣竿に付けられている丸い糸の通り道、ガイドと呼ばれるパーツです。
現在あるガイドを作り上げた人物が大村隆一です。
腕時計のバンドを作る会社の社長だった大村は、地元の海岸を歩いている時に
しょっちゅう切れる釣り糸、それが当たり前のように糸を結ぶ人達を目にします。
その原因はガイドにありました。
金属製のガイドに対し、釣り糸はナイロン製。でも金属製のガイドは傷付いてしまうのです。
傷付かないガイドを作り出すべく、メノウ製、ガラス製のガイドでテストを繰り返し
硬さと滑らかさを追求した結果セラミック製のガイドに辿り着きました。
しかし、それでも糸は切れてしまう。
その当時、日本に数台しかなかったハイスピードカメラを使い検証
切れる原因は糸が絡むことにありました。
糸が絡まないガイドを作る為、ガイドの大きさを研究
当時はガイドが糸に触れないように直径を大きめに作ることが常識でしたが
直径の小さいガイドを作り出し糸の絡みを無くすことに成功。
糸の切れにくいガイドとして人気になり、飛ぶように売れたのです。
その後、大島はガイドと糸の摩擦熱を少なくする為にシリコンガーバイトをいち早く採用。
それは、後にスペースシャトルの外壁に使われるようになる材質でした。
現在、大村の作ったガイドは世界中で8割という圧倒的なシェアを誇っています。


●コダワリのオススメ
・段差フリーキャリー
段差があっても楽々運べるキャリー
詳細記事はコチラ⇒DANCOROキャリー Gコロ


posted by コダワリ お梅 at 19:35 | TrackBack(0) | 未来創造堂 放送回> 未来創造堂 第151〜160回| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年05月03日
ブックマーク・RSSをご利用下さい⇒

未来創造堂 第159回 りょう AAA(宇野実彩子、與真司郎)

未来創造堂第159回のゲストは、りょうさん、宇野実彩子さん、與真司郎さんでした。

●コダワリのトーク


りょうさんのコダワリは、手芸

手芸が好きだという りょうさん。
絵を描いて、生地にして、ビーズなどを装飾、かなり本格的です。
アンティークビーズが好きで、全部アンティークという作品も多いようです。
こういう装飾を始めたのは小学生の頃で、その頃、お母さんがビーズのブローチを持っていて
それを真似して母の日にプレゼントしようと思い作ったのが始まりなんだそうです。
10代から貯めているビーズのコレクションも中々減らず困っているとのこと。
ビーズの組み合わせを考えていて、気付いたら朝になってることもあるみたいです。

色々な道具を集めて、みんなで手芸やデコレーションにチャレンジ。
宇野実彩子さんは帽子、興真司郎はコンバーススニーカー
西尾アナもコンバース、憲さんはTシャツ、りょうさんはジーパン
にデコレーション、遊び感覚で楽しそうでしたが
憲さんとりょうさんの作品は、お店にもありそうなカッコイイ感じでした。



宇野実彩子(AAA)さんのコダワリは、ブロッコリー

ブロッコリーにハマっているという宇野さん。
朝起きたら、お水を飲む前にまずブロッコリー、お風呂上りにブロッコリーなど
何かをやるたびに食べるくらい好きなんだそうです。
なので、ちょっとくらい好きな人に、ブロッコリーが好きって言ってほしくないんだとか
食べ方は、茹でたブロッコリーにマヨネーズというシンプルなもの
りょうさんは、茹でる時に塩を多めに入れ何もつけずに食べるんだとか

番組で日本にあるブロッコリーの仲間を紹介
・スティッコリー (熊本県)
・カリッコリー (福岡県)
・はなっこりー (山口県)
・あすっこ (島根県)
・ケール (愛知県)
人気の高かったのがスティッコリー、ちょっと苦味があるそうです。
はなっこりーは甘みがあり、カリッコリーは食感が良いという意見がありました。


與真司郎(アタエシンジロウ)さんのコダワリは、テトリス

テトリスの腕前は、世界レベルだと思うという與さん。
「世界レベル」は自称だけど、レベル99まで上がっても速くなるだけで
その速さについていけるので、いつまでたっても終わらないんだとか
コンピューターとの対戦も楽々勝ってしまうので、
これより上のレベルは無いのかなっと不満に思っているくらい。
そんな與さんの為に、番組が招待した対戦者は、「週間ファミ通 編集者 ででおさん」
「週間ファミ通 編集長 カミカゼ長田さん」の解説のもと、2人の対戦が始まりました。
この対戦がスゴイのなんの・・・ 凄まじい速さの攻防! 目が付いていきません。
結果、ちょっと余裕をもってたででおさんが負け、興さんの勝利!
なんで余裕があったのかというと、興さんはAボタンしか使ってないんだそうです。
ブロックを逆に回転させるBボタンを使いこなせばもっと速くなるとのこと。
自称ではなく、正真正銘の世界レベルなのかもしれません。

この対戦は、ホントすごいんで動画があったら見て欲しい一戦です。
もうダメだってところから巻き返したででおさんも相当な達人だとおもいます。


●コダワリのVTR
「針の未来を切り拓いた男 高橋 敏雄」

昭和22年。その当時の縫い針はイギリス製が世界市場を独占していました。
戦争で工場と長男を失った、針メーカーの2代目社長だった高橋は
その年に工場を立て直し、イギリスの針に追いつけ追い越せと、高橋は懸命な努力を始めます。

イギリスの針を研究し、縫いやすくする為に針を尖らせることから始め
尖らせたことで縫いやすくなった針も、すぐ曲がってしまい使い物にならない。
そこで材料を鉄から鋼に変更し、焼き入れ加工を施しました。
ところが、そうして硬くした針は、逆に折れやすくなってしまったのです。
そこで、焼き戻し加工を施し、硬さと同時に弾力を持たせることに成功し
さらに針先の角度を研究し、丈夫で縫いやすい針が完成しました。
高橋は、それだけでは満足せず、研究を続けます。
丸かった針穴を縦長の穴に変更し、さらに溝を作ることで縫う時の抵抗を減らしました。
この加工をするには、制度の高い加工技術が必要になります。
高橋は、その機械の全てを自前で製作し、一連の加工を自動化しました。
さらに工夫は続き、針穴を柔らかな金でメッキすることで糸が切れにくくなり、
また、床に落とした時に見つけやすいという利点もありました。

こうして出来た高橋の針は、1979年アメリカの販売会社と正式契約
アメリカのシェアの4割近くを獲得することが出来ました。
この優れた針の加工技術は、医療の現場の接種針やエアコンの電極針などに応用されています。


●コダワリのオススメ
・アートなメモブロック
側面に芸術的な顔が描かれたメモブロック
詳細記事はコチラ⇒スクリーヒデザイン ゆがむメモパッド

・彫刻えんぴつ
鉛筆の芯の材料でもある黒鉛で作られている足
詳細記事はコチラ⇒アゲリオ・バトル(黒鉛彫刻・足)
posted by コダワリ お梅 at 19:24 | TrackBack(0) | 未来創造堂 放送回> 未来創造堂 第151〜160回| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年04月26日
ブックマーク・RSSをご利用下さい⇒

未来創造堂 第158回 misono 高岡蒼甫

未来創造堂 第158回のゲストは、misonoさん、高岡蒼甫さんでした。

●コダワリのトーク

misonoさんのコダワリは、タコヤキ

タコヤキにコダワリがあるというmisonoさん、なんと!タコを入れないそうです。
タコの代わりにウィンナーなどを入れて焼き、ソースも付けないというのがコダワリ。
もはやタコ焼きと呼べない状態ですが・・・^^;
ソース類は、たこ焼きだけじゃなくどんな食べ物にも一切付けないそうです。
お鍋をやってもポン酢に付けずに食べ、焼肉も焼いたらそのまま食べるんだとか
居酒屋などのお店でからあげに勝手にレモンをかけられるのも許せないそうです。

そんなmisonoさんオリジナルのたこ焼きをスタジオで焼きました。
「misonoタコヤキ 材料」
タコヤキミックス、キャベツ、天かす、ウィンナー、チーズ、お餅、キムチなど
中でもmisonoさんオススメの具は「ウィンナー」と「チーズ」
お餅はしっかり焼かないと硬くて美味しくないみたいです。

焼きあがったタコヤキはキムチが一番好評でしたが、どれもちょっと物足りないみたい。
やはり、ソースがあったほうがいいみたいでした。
後半、ソースをかけて食べた時の西尾アナの反応はすごく良かったです。
憲武さん、高岡さんもソースがあったほうが落ち着くというコメント
さらに・・ やっぱりタコがあると落ち着くと、タコのみ食べてました。



高岡蒼甫さんのコダワリ その1 野球グッズ

ご自身も野球の経験があるそうなんですが、20歳くらいからユニフォームなどを集めるようになり
今では、結構レアなグッズを沢山持っているそうです。
その一部をスタジオで披露
・「松坂選手 レッドソックス入団直後のサイン」
レッドソックスのユニフォームに松坂選手のサインが入ったもの
メジャーに行くにあたって、サインを新しくしたそうで入団直後に書いてもらったそうです。
・「その1年後のサイン入りのユニフォーム」
入団後、サインがまた変わり、それからは同じサインを書き続けているそうです。
これにより、入団直後のサインは価値があるんじゃないかと思ってるんだとか
・「清原選手 引退記念のサイン」入りユニフォーム

この他にも色々とレアなグッズをコレクションしているそうなんですが、
通販やオークションで高価な物まで買っちゃうほどハマりだしたので
奥さんの宮崎あおいさんには買わないように注意されているそうです。

高岡蒼甫さんのコダワリ その2 麻婆豆腐

ダイエットがきっかけで麻婆豆腐をよく食べるようになったそうです。
昔、中華料理やで働いてたこともあって自分でも作れるとか。
そのお店で作っていたのが、家庭でも食べるようなオレンジ色っぽい麻婆豆腐で
高岡さんが今ハマってるのは四川風の麻婆豆腐。お気に入りのお店を教えてくれました。
「尾山台 華山」
ある役者さんに上海焼そばが美味しいよと紹介されたらしいのですが
麻婆豆腐を食べたらハマってしまい、上海焼そばは未だに食べたことがないそうです。

このお店の店長さんに、麻婆豆腐のレシピの一部を教えてもらいスタジオで調理!
細かいところは極秘みたいです。
●材料
豚挽き肉、豆板醤、マーラー醤、生姜、ニンニク
ネギ、トウチー、中華スープ、豆腐
(挽肉は、豆板醤、テンメン醤、しょう油、酒、ニンニク、生姜で煮込んでおく)
●調味料
山椒、ラー油、油、ネギ、水溶き片栗粉
●作り方
1.熱したフライパンに油を馴染ませ材料を全て炒める
2.一気に炒めたら、中華スープと豆腐を入れ煮立たせる
3.沸騰したら火を弱め、2分煮込む
4.片栗粉でとろみをつける
5.火を止めてから、油、ラー油を加え、熱した土鍋にうつす
6.山椒、ネギを入れ できあがり

出来上がった麻婆豆腐は、皆さんに好評。山椒の辛さが良いそうです。
憲武さんと西尾さんは、ご飯を入れ堪能していました。


●コダワリのVTR
「四川料理の未来を切り拓いた男 陳 建民」

料理の鉄人でお馴染み、「中華の鉄人 陳 建一」
麻婆豆腐を日本に伝えたのは、「鉄人の父 陳 建民」でした。


●コダワリのオススメ
・ロウ“チョコ”
見た目も割った感触もチョコそっくりのキャンドル
詳細記事はコチラ⇒チョコアロマキャンドル
posted by コダワリ お梅 at 19:15 | TrackBack(0) | 未来創造堂 放送回> 未来創造堂 第151〜160回| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年04月20日
ブックマーク・RSSをご利用下さい⇒

未来創造堂 第157回 草野 仁

未来創造堂第157回のゲストは、草野仁さんでした。

●コダワリのトーク

草野 仁さんのコダワリ その1 カステラ

長崎県出身の草野さんは、名物でもあるカステラが好きでよく食べているとか。
長崎には、文明堂をはじめ多くのメーカーがあり、それぞれの味があるそうです。
草野さんが一番好きなカステラは、「長崎堂(長崎市)」のカステラ。
あまり大きなメーカーでは無いのですが、たまたま食べて気に入ったそうです。
そんな草野さんが利きカステラにチャレンジ
・「長崎堂(長崎市)」
・「文明堂」
・「福砂屋」
・「匠寛堂(しょうかんどう)」
の4つのメーカーを食べ比べて 見事全問正解!
憲武さん西尾さんが食べ比べしたところ、どれも美味しくて違いが分からなかったみたい。

クイズ番組の司会もやっていて物知りな草野さんはカステラの由来もスラスラと説明。
スペインのカスティーリャ王国のパンという意味の「パン・デ・カスティーリャ」
それを日本に伝えたポルトガルの人の訛りもあって「カステラ」と呼ばれるようになった説と
お城の事を「カステロ」といい、作る時のメレンゲをお城みたいにするから
その言葉が訛って「カステラ」になったんではないかという説があるそうです。

カステラの元になったといわれてるお菓子を紹介
・スペインのお菓子「ビスコチョ」
保存食として2度焼きしてあり、硬くクッキーのような感じ。
・ポルトガルのお菓子「パン・デ・ロー」
ふっくらとケーキのように焼き上げてありカステラに近い感じ。
どちらもカステラと同じ材料で作られているそうです。

楽天市場で売れているカステラ ベスト10


草野 仁さんのコダワリ その2 有明海のお魚

有明海で獲れる新鮮な魚介類、草野さんは子供時代はその魚介類を食べて育ったそうです。
知り合いの漁師さんがほぼ毎日のように魚を届けてくれて、肉は殆ど食べた事無かったんだとか。
スタジオに郷土料理の数々が登場(「いけす大南」さんの料理)
・「がねだき」
ふぐを煮付けたもの。島原ではトラフグの事をガンバと呼んでいて
棺のカンが濁ってガンになり、棺桶を用意してまで食べたい物という由来があるそうです。
・「多比良ガネ(ワタリガニ)」
身がたっぷり入った大きなワタリガニ、草野さんは日本一美味しい蟹と評価。
・「キャーメ(コモンサカタザメ)のお造り」
エイの一種で、とても弾力のある身で噛みごたえのある身。
・「クッゾコ(舌平目)の煮付け」
憲さん、西尾さん、美味しいと絶賛。やさしい味付けなんだそうです。
鮮度が良いので素材の味を生かした薄めの味付けが多いそうです。
・「くっぞこめし」
くっぞこの身が入った炊き込みご飯。
美味しすぎて笑いが止まらないという感じでした。


●コダワリのVTR
「活魚の未来を切り拓いた男 卜部 俊郎」

魚のツボを専用の針で突き刺し、魚を眠らせた状態にして空輸する。
そんな夢のような方法を見つけた人 卜部俊郎。
かつては大工だった卜部が漁業に係わりだしたのは1991年の頃
しめた「鮮魚」の状態で送られている関サバや関アジ、その方法は江戸時代と変わりません。
そんな古い方法を続けている世界があるのかと驚いたそうです。
魚を生きた状態で運ぶ「活魚」は、活魚車に魚が泳げるだけのスペースが必要で
コストが多くかかってしまうし、魚の身が痩せてしまうという欠点がありました。
そのせいで、関サバの活魚が流通しているのは大阪の高級店止まりだったのです。
それをチャンスと思った卜部は
生きた関サバを東京へ空輸出来ないかと考えたのです。

大工仕事をきっぱりやめ、誰もやったことない未知の世界へ飛び込んだのです。
テレビで見た中国鍼をヒントに、自分で作った針を魚に刺し、魚の動きを止める研究を繰り返す。
魚にそんなツボがあるかも分からないし、成功するかどうか分からないという挑戦。
魚を眠らせるなんて出来る訳がないと周囲の者があきれてもその研究を続けました。

魚を捕まえては鍼を刺し、試行錯誤を繰り返すこと1年半。
ついにその方法を見つけ出し、周囲の人々も卜部の情熱に引き寄せられ
空輸プロジェクトチームが誕生!
2001年8月22日 3匹の関サバが眠らされ僅かな海水と共に空輸されました。
3時間後、東京に着いた関サバはスヤスヤと眠った状態でした。
この方法は通常の活造りよりも血中の乳酸値が少なくなり
魚の生臭さを抑えられるというメリットもあることが判明しました。
研究が進み、大型のマグロも鍼一発で眠らせることが出来るようになりました。
眠らせた魚達は、北米やアジアなど11カ国に輸出されています。


●コダワリのオススメ
・ドラムonTシャツ
胸に描かれたドラムセットを押すとリアルな音の出るTシャツ
詳細記事はコチラ⇒ドラムキットシャツ
posted by コダワリ お梅 at 18:35 | TrackBack(0) | 未来創造堂 放送回> 未来創造堂 第151〜160回| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年04月12日
ブックマーク・RSSをご利用下さい⇒

未来創造堂 第156回 徳光和夫

未来創造堂第156回のゲストは、徳光和夫さんでした。

●コダワリのトーク

徳光和夫さんのコダワリ その1 ムード歌謡

ムード歌謡と言えば、ムーディ勝山?チャチャラチャッチャッチャチャチャー?
西尾アナもムーディ勝山さんの事を言ってましたが、全く違うそうです。
デュデュデュデュワ〜という音使いが正解。
ムーディ勝山さんの歌は、どこがムーディなんだと文句を付けたくなるようです。

徳光さんの言うムード歌謡とは・・
・「恋の町札幌」 歌:石原裕次郎
甘い声でムーディな歌い方、男性が女性の気持ちを察して歌っている。
・「恋の町札幌」 歌:サザンクロス
裕次郎さんと全く同じ歌をリードボーカルの男性が、主人公の女性になりきって歌う。
これが“ムード歌謡コーラス”なんだそうです。
裕次郎さんの歌い方とは全然違い、マイクを持ちながら小指を立ててるそんな感じです。

ムード歌謡にはテーマみたいな物があって
夜の都会が舞台になってる事が多く、大人っぽい歌詞でちょっとヤラしさがあり
そして、主人公になるのは大体都会の女性、しかも水商売をやってる女性で
ドロドロする結末になるちょっと前に身を引く女。 そういう設定が多いそうです。
その代表とも言える曲?徳光さんが紹介してくれた曲は
・「足手まとい」 歌:森雄二とサザンクロス でした。

ナイトクラブに行くと、ムード歌謡のグループがいて、そういう歌が流れている。
そんな中ダンスに誘い、女性と踊っていると歯の浮くような台詞を平気で言えるそうです。
笑っちゃうような台詞でも、女性も笑わずに受け止めてくれたんだとか。
それが良かったんだそうです。

当時のこういう曲は、イントロの時に曲を紹介するスピーチがあり
それを子供の時に初めてみた徳光さんは、こんな仕事やりたいなぁと憧れたそうです。
そんな徳光さんが即席で言葉を作りスピーチし憲さんが歌いました。
・「中の島ブルース」 歌:木梨憲武


徳光和夫さんのコダワリ その2 披露宴の司会

なぜか3年くらいすると元の姓に戻る人も多いらしいのですが・・
400組くらいの人の披露宴の司会をやったそうです。
西尾アナは1回しか司会をやった経験が無いみたいなんですが
男性アナは、結婚式の司会は買ってでもしたほうが良いそうです。
常にLIVEだし、どんな事があっても慌ててはいけない。こういう経験が生放送に強くなるとか。
徳光さんのエピソードで一番驚いたのが「お嫁さんが来ない」という披露宴。
お嫁さんが逃げたという事は言えないし、来ないまま最後まで司会を続けたんだとか。
「新婦も気苦労が多いんです これがホントのひろう宴」と駄洒落でまとめていました^^;


●コダワリのVTR
「歌謡曲の未来を切り拓いた男 吉田 正」

ムード歌謡と呼ばれるようになった音楽を作りだした作曲家、吉田正の物語。
盛り場に通い、行き交う人々を観察しながら都会の哀愁を音楽に出来ないか考えた吉田
「街のサンドイッチマン」という曲を作りましたが、軽いテンポが受けませんでした。
ひらめいたのは、京都 祇園で聞いた芸者の三味線。
日本の和音階には、「民謡音階」と「都節音階」があり
都節音階を組み合わせた曲は、ほのかに暗く、哀愁のある曲になるのです。
京の座敷歌でよく使われる為に都節と呼ばれてきた音階を取り入れた曲が
「有楽町で逢いましょう」 歌:フランク永井
この歌をキッカケにナイトクラブでは、吉田の曲で溢れ、
恋人達は有楽町で待ち合わせるなどの社会現象にも影響を与えました。
その後、吉田は「青春歌謡」「リズム歌謡」と言った新しいジャンルを開拓し
約2400曲ものヒット曲を世に送り出したのです。


●コダワリのオススメ
・グローバル水引
ご祝儀袋に付いてる水引がlove good happyなどのメッセージになっています。
↓詳細はこちら
http://www.assiston.co.jp/?item=1855
posted by コダワリ お梅 at 18:55 | TrackBack(0) | 未来創造堂 放送回> 未来創造堂 第151〜160回| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年04月06日
ブックマーク・RSSをご利用下さい⇒

未来創造堂 第155回 RIKACO 天津・木村

未来創造堂第155回のゲストは、RIKACOさん、天津・木村さんでした。

●コダワリのトーク

RIKACOさんのコダワリは、ピカピカキッチン

ピカピカじゃないと落ち着かないというRIKACOさん。
キッチンや浴室の写真を見せてくれました。それがも〜うピッカピカッ
綺麗じゃないと落ち着かないというのは、息子さんにも受け継がれているそうで
ある日、友達の家に行った息子さんが、その家のキッチンをピカピカに掃除したんだとか。
理由を聞くと何か落ち着かなかったとのこと・・ カエルの子はカエルですね。

そんな息子さんもお歳頃、彼女とか連れてきたらどうするの?という話になり
全然ウエルカムだけど、玄関で靴揃えられなかったら追い返すかもだって
ちゃんとした人じゃないとお付き合い出来ませんね。
「ウチに来る子はみんな礼儀正しいよ」と普段から厳しくしているから
遊びに来る子は必ずRIKACOさんに挨拶してから家に上がるんだとか。
中学生くらいになると体臭も気になるので、泊まってくんだったら頭洗いなさいよとか
自分の子供だけでなく、厳しく教育しているようです。


天津・木村さんのコダワリは、お口パンパン

天津・木村さんのちょっと変わったこだわりが食事の終わり方。
食事の一番最後に、一口分のおかずと一口分のご飯と一口分のお味噌汁を残し
そのおかずを口に入れ、さらにご飯を口に入れ、口の中をパンパンな状態にしてから
最後にお味噌汁を流し込み、ごくりと飲み込む終わり方が好きなだとか
木村さん曰く「フィニッシュ・ディニッシュ」と呼んでいると言ってましたが
番組の注意書きでは、ディッシュ(皿)の間違いではないかということでした。
ディニッシュはパンですからね^^;

そんな木村さんが大好きな定食が、一口分ずつ用意されました。
「宮崎空港 魚山亭 ちきん南蛮定食」
木村さんのフィニッシュの量よりちょっと少なかったので、憲さんの分を足して実演。
結構な量のおかずとご飯を口に入れ、もう入りませんというくらいパンパンにして
その状態で噛みながらちょっとずつ食道に流してるそうです。
それがいい頃合になった時にお味噌汁を飲み干す、これで全てを流し込んでフィニッシュ。
この時にご飯粒が食道を刺激する感覚がたまらないんだとか
この後、RIKACOさんと西尾アナもチャレンジしましたが・・・
「体に良くないよ」「私はあんまり・・」と良い反応ではありませんでした。
憲武さんが言ってたように、食べ始めにがっついて口いっぱいにしてしまう光景はよく見ますね。
木村家では、全員が口をパンパンにさせて食べていたはずと実家の事も紹介してくれました。
木村さんのお母さんが節約家で、とにかく物を捨てない人だったそうです。
当然、食べ残しというのもありえないわけで、お腹一杯でも無理矢理詰め込んでたから
フィニッシュ・ディニッシュみたいな終わり方が誕生したのかもしれませんね(笑


●コダワリのVTR
「キッチンシンクの未来を切り拓いた男 三浦 正嗣」

陶器メーカーINAXの研究員 三浦正嗣。
洗剤を使わなくても汚れが落とせるように、汚れにくい素材を探していた三浦。
そのヒントを得たのは、「かたつむり」からだったそうです。
かたつむりはいつも外にいるのに、体はいつもピカピカしている・・ 
そこに手掛かりがあるかもと、かたつむりの研究を進めていくと
「シリカ」という物質で覆われていることが判明します。これがカタツムリがいつも綺麗な秘密。
このシリカを使い汚れないシンクを作れないか考えた三浦は、セラミックに目をつけます。
ステンレスより固いセラミックなら傷も付かない、さらにシリカを混ぜれば汚れも付かない。
しかし、セラミックは割れやすいという欠点があり、
固くて割れにくく、そして汚れにくいという全く新しいセラミックを目指し
1999年 汚れないセラミックシンクが完成しました。


●コダワリのオススメ
・ゴミじゃないゴミ箱
透明の球体に入った紙くずのような物が広げてみるとゴミ箱に!
詳細記事はコチラ⇒WASTED PAPER BASKET ゴミみたいなゴミ箱 ATYPYK

posted by コダワリ お梅 at 18:00 | TrackBack(0) | 未来創造堂 放送回> 未来創造堂 第151〜160回| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年03月29日
ブックマーク・RSSをご利用下さい⇒

未来創造堂 第154回 ナイツ 田中美里

未来創造堂第154回のゲストは、お笑いコンビ ナイツ田中美里さんでした。

●コダワリのトーク

ナイツのコダワリは、漫才協会

ナイツのお2人は漫才協会に所属しており、塙さんは理事を務めているそうです。
昔は漫才をやるならちゃんと師匠についてやらないといけないという事で協会が出来て
ツービート(ビートたけしさんのコンビ)も昔は協会に所属していたそうです。
今では、学校が出来たり師匠に付かなくなって、若手はほとんど協会に入ってこないとのこと。
そんな協会の事を知ってもらおうと、所属している芸人さん達を紹介してくれました。
若手四天王と呼ばれている4組がいて、その中にナイツの名前もありましたが・・・
他の3組は全然見たこともない人達・・ テレビの人気番組には出たことがないようです^^;

ナイツは、漫才協会の他に、落語芸術協会にも入ってるそうです。
笑点でお馴染みの、歌丸師匠が会長をしている協会で多くの落語家さんが所属されてるようです。
じゃあ・・ナイツも落語をやるの?と西尾アナも質問してましたが
寄席というのは落語家がメインで、落語の合間に見るものが色物とされているそうです。
色物というのが、漫才であり、コントであり、マジックなどのショーなんだとか。
昔はお笑いといえば落語で、その他の笑いは色物とされていたみたいです。



田中美里さんのコダワリは、カジュアルお抹茶

田中さんが今ハマっているの「お抹茶」
お茶といえば作法にうるさいという感じはしますが、そういうのは一切なく
キッチンでコーヒーを入れる感覚でお茶を点てて楽しんでいるそうです。
持参されたお茶セット携帯用で、折りたためる茶さじや、ケースに入った茶筅がありました。
他に、抹茶の粉を漉す道具、それを入れる容器(棗(なつめ))など
その道具を使い、田中さんのお手前を披露
お茶を混ぜる道具 茶筅(ちゃせん)は使う前にお湯に浸し湿らさないとダメで
そうしておかないと使っている時に竹が折れてしまうそうです。
お茶碗に漉したお茶の粉を入れ、その上からお湯を入れ茶筅で混ぜれば完成。
作業は単純ですが、茶栓の使い方で泡の感じが違うみたい。泡が細かく出来ると◎
出来上がったお茶を作法を気にせず、憲武さん達が頂きます。
まったりしたイメージがあったけど、とてもクリアーで美味しいという感想。

抹茶というのは一種類の茶葉で飲まれることは殆どなくて、
茶匠と呼ばれる人が、お茶をブレンドして、より美味しいお茶にしているそうです。
スタジオに日本最高の茶匠に来てもらい、至高のお茶を作ってもらうことに。
4種類のお茶を見立てて、最高の分量でブレンドし、石臼にかけて粉状に
その粉を使い、点ててもらったお茶を皆さんでいただきます。
美味い、甘い、美味しい、全然違うと絶賛の声が飛び交っていました。


●コダワリのVTR
「抹茶の未来を切り拓いた男 杉田 芳男」

今でこそ、当たり前のように食べられる「抹茶味」
そもそもお茶は飲む物であって食べる物では無く、昔は食べれなかったのです。
抹茶味の食べ物を作るべく、悪戦苦闘したのが老舗お茶メーカーの4代目 杉田芳男です。
抹茶が食べられない原因が雑菌!
茶葉を石臼でひくという製法で作る抹茶は、空気中の雑菌が付着しやすいのです。
飲むだけなら60℃以上で雑菌は死滅する為問題ないが、生で食べるとなると別。
かといって熱処理で殺菌すると、風味が飛んでしまう。
この難題を克服すべく、茶業界の批判とも戦い、雑菌が付かないクリーンルームを作りました。
こうして、生で食べられる抹茶が作り出されたのですが・・・
杉田の情熱はそれでは収まらず、農薬を使わない有機栽培を目指しました。
雑菌の少ない高地に茶畑を作り、その場所でも上部に育つ苗を研究して10年。
絶対安心で安全な食べられる抹茶が完成。その味も抜群の物が出来たのです。


●コダワリのオススメ
・茶せんマシン
電動でお抹茶を点ててくれるマシンです。
詳細記事はコチラ⇒電動茶筅 茶楽

posted by コダワリ お梅 at 16:13 | TrackBack(0) | 未来創造堂 放送回> 未来創造堂 第151〜160回| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年03月22日
ブックマーク・RSSをご利用下さい⇒

未来創造堂 第153回 押切もえ 岡田将生

未来創造堂第153回のゲストは、押切もえさん、岡田将生さんでした。

●コダワリのトーク

押切もえさんのコダワリは、格言

押切さんが取り出してきた物は太宰治の小説達
中学星の頃に「走れメロス」を読んで感動し、それから太宰治の小説が大好きになったそうです。
今でも「グッドバイ」や「葉」という短編小説をよく読むそうです。
そこに出てくる、言葉や名言が大好きで、その言葉に勇気付けられることが多いとか
そんな押切さんが大好きな言葉が床一面に書かれていて、それを紹介

It's all up to you how bright a day tomorrow will be 「英語でしゃべらナイト」より
明日がどう輝くかはアナタ次第 という意味らしいです。

迷ったときは、心のコンパスを信じるんだ。
ディズニー・シーにあるシンドバッドの乗り物で、最後にシンドバッドが言う言葉
番組で紹介された言葉はこの2つでした。

床にあった残りの文章・格言
「義を見てせざるは勇なきなり」 孔子
「泣きたいよ、本当は強くないのに」
「リテ・ラトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール」天空の城ラピュタの呪文
「人生はアップで見ると悲劇だが、ロングショットではコメディだ」
「どこへでも続く道がある いつの日かI'll be there」
「きっと成功する、っていつだって信じてたから」 マドンナ語録
「死は生の対極としてではなく、その一部として存在している。」

誰の言葉なのかは一部しか見えませんでした。

オマケ 憲さん達の心に残っている言葉
岡田さん「歳をとったからって、やっちゃいけないことなんか無いんだぜ」(映画の台詞)
西尾アナ「期待するから腹が立つ」
憲武さん「自分をおろそかにしちゃダメなんだ」(郷ひろみ)



岡田将生さんのコダワリは、メロンパン

毎日でも食べたいというほどメロンパンが好きな岡田さん
自宅の近所にメロンパンしか売ってないメロンパン屋さんがあって
高校時代、部活の帰りにそのパンを食べながら買えるというのが習慣だったそうです。
サクサクしているのが好きという岡田さんの好きなメロンパンを紹介
「恵比寿 ル・ボンブレ」のメロンパン
意外としっとりと西尾アナ、バターが効いてて美味しいと押切さんの感想。

岡田さん曰く、メロンパンはやはり焼きたてが一番美味しいとのこと
焼きたてが食べられる移動のメロンパン屋さんにもよく行っていたそうです。
ということで、全国にある移動メロンパン屋のパンが集合
・メロンまるごとメロンパン 「富良野メロンパン 関東・東海・西日本・他」
・薄皮サクサクメロンパン 「幸せのメロンパン 関東」
・元祖移動販売のメロンパン 「シャトルのメロンパン 大阪」
そして、日テレ前に販売車に来てもらいスタジオから注文
「焼きたてメロンパンPOPO 名古屋」
アツアツのメロンパンはやはり美味しいらしく、反応が一番良かったです。


●コダワリのVTR
「紙の未来を切り拓いた男 日比野 良彦」

今から約40年前に判明した「酸性紙問題」紙に含まれる酸の影響で
20世紀前半に刊行された書物の約97%がボロボロになり読めなくなることが分かりました。
この事態を重くみた世界中の製紙会社は懸命に対策を考えました。
三菱製紙の日比野良彦もその中の1人でした。
紙を酸から守る為に、約2400万通りある薬品の組み合わせを試し
最良の薬品の組み合わせを試し紙を作るという地道な作業を繰り返し
3年という時間と1000枚以上の紙を作って、現在ある「中性紙」を作りあげたのです。


●コダワリのオススメ
・紙折りお手伝いマシーン
書類などを封筒に入れる時、3つ折り又は4つ折りにしますね。
その折る作業を自動でやってくれるマシーン。大量の書類をあっという間に折ってくれます。

posted by コダワリ お梅 at 11:24 | TrackBack(0) | 未来創造堂 放送回> 未来創造堂 第151〜160回| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年03月15日
ブックマーク・RSSをご利用下さい⇒

未来創造堂 第152回 深田恭子

未来創造堂第152回のゲストは、深田恭子さんでした。

●コダワリのトーク

深田恭子さんのコダワリ1つ目 ドロンジョ衣装

実写版ヤッターマンのドロンジョをやった深田さん
アニメが実写になった時にコスプレっぽくなるのが嫌だったので衣装にこだわったそうです。
そのコダワリの1つがヒールが18pもあるブーツ。
これはボヤッキー・トンズラと並んで立った時にドロンジョをスッと背の高い人に見せる為
確かにアニメのヤッターマンはそんな感じですね。そのイメージを壊したくなかったそうです。
全て本皮で作られたその衣装は、スワロフスキーも使われていて高そうな作り
色とかも赤すぎないようにとか色々こだわって作ったそうです。



深田恭子さんのコダワリ2つ目 餃子

深田さんは小さい頃から餃子が大好きで、今年は食べた日を手帳に付けているそうです。
餃子というとサイドメニュー的な存在ですけど、深田さんの場合は
餃子をメインで食べるたいので、お酒も飲まず餃子だけを食べるんだとか。
ロケの弁当に餃子が入っていても喜んでしまうそうですが
同じようなタイプのシュウマイはあまり好きではないそうです。

スタジオで餃子作り、深田家のレシピも教えてくれました。
「深田家 餃子レシピ」
・豚挽き肉 150〜200g
・にら 1/2束
・キャベツ 大2〜3枚
・玉ねぎ 大1/2個
・ニンニク 1カケ
・片栗粉 大さじ1
シンプルな材料で隠し味とかは特に無いそうです。

こだわりは、この具を小さな皮の中いっぱいに包むことで
皮も好きなんだけど、出来るだけ多くの具を食べたいので1枚の皮の限界まで具を包むそうです。

作り方
・先ほどの材料に塩コショウ・ゴマ油を多めに入れ粘りが出るまで混ぜます。
・結構多めの具材を包みこみます(深田流)
片面は平ら、片面をつまむという包み方にしないとダメで
両方をつまんでしまうとそこの部分が固くなり食感が悪くなるそうです。
餃子を簡単に包むグッズがあり、憲さんはそれを使って餃子作り
簡単に出来ますが、形はラビオリのようでした。
憲武さんが使用したグッズ⇒ワンタッチ餃子パック
・フライパンで焼き、軽く焦げ目が付いたら水を入れフタをし蒸します。
・水分をしっかり飛ばし、最後にゴマ油を回しがけして完成です。

包むのは得意だけど焼くのが苦手という深田さんでしたが、上手に焼けました。
完成した餃子はホント美味しそうで、憲武さん達も絶賛してました。



深田恭子さんのコダワリ3つ目 ティーカッププードル

深田さんの愛犬メロンパンナちゃんを紹介、ティーカッププードルという種類なんだそうです。
普通のプードルより美形ですよねと親バカ?ぶりをみせてました。
よほど犬が好きなんだと思いきや、小さい頃から犬は大嫌いで
ドラマの撮影で犬が出てくると怖くて泣いちゃったり、台詞が言えなかったという事も
それが、25歳の頃、動物への愛を知らないのはマズイんじゃないかと思うようになり
最初は友達の犬を預かったりして、ちょっとずつ慣れていったそうです。
今では外出することも減り、メロンパンナちゃんが一番大事と言い切った深田さんでした。


●コダワリのVTR
「着物の未来を切り拓いた男 久保田一竹」

室町時代に隆盛を極めた「辻が花」という絞り染めの技法。
江戸末期には技術の継承者も絶えた400年前の技法を復活させた男
その人が、久保田一竹(くぼた いっちく)です。


●コダワリのオススメ
・“癒し”演出ポット
可愛い壷のようなポットから煙が飛び出します。
詳しい記事はこちら⇒YUENTO ワッカアロマディフューザー

posted by コダワリ お梅 at 17:55 | TrackBack(0) | 未来創造堂 放送回> 未来創造堂 第151〜160回| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年03月09日
ブックマーク・RSSをご利用下さい⇒

未来創造堂 第151回 ハイキングウォーキング

未来創造堂151回のゲストは、ハイキングウォーキングさん

●コダワリのトーク

Q太郎さんのコダワリは、お肉屋さん技

前回の放送で、鶏肉を見事にさばいていたQ太郎さん。
鶏肉だけではなく、お肉の事はすべて極めているとのこと。その技を披露してくれました。
スーパーに売っているトンカツ用のお肉、1枚100gを5枚1パックにする場合
豚ロースのかたまりをスーッと切るQ太郎さん、ピッタリ100g!
かたまりの幅は一定ではありませんから、自分の勘で厚みを調整、お見事でした。


松田洋昌さんのコダワリは、喫茶店

ハイキングウォーキング松田さんは、喫茶店。中でもナポリタンにこだわりがあるそうです。
始まりは幼稚園の頃で、幼稚園が終わり1人で喫茶店に入り、そこに母親が迎えに来てくれたんだとか。
その待ってる時によく食べていたのがナポリタン。
特に美味しかったのが富山にあった喫茶店「ウィーン」のナポリタンなんだそうです。
東京に出てきて、その店の味を越えるナポリタンには出会えてないみたいですが
お気に入りの喫茶店を紹介してくれました。
「新宿 珈琲 西武」昭和な感じのお店で、3食この店で済ますこともあるとか。
番組で現在の「ウィーン」を調査。残念ながら現在は閉店してしまったそうなんですが
その当時の料理人さんに特別に作ってもらい。ウィーンのナポリタン登場。
懐かしいその味に松田さんは「これだ!」と感激していました。


前回からの続き 「究極の親子丼プロジェクト」

鶏肉「純系 名古屋コーチン」
ダシ「真昆布&本節」
ご飯「朱鷺と暮らす郷
ねぎ「余目ねぎ」
卵 「能登 健康卵

これらの材料に加え、名のある料理店でも使われている丼なべを用意
東京浅草「銅銀銅器店」の丼なべ
とろとろの親子丼を作れるなべを作ってくれと注文され作られたその鍋は
ふんわり仕上げる為に銅の厚さ、丼に移しやすように鍋の傾斜にまでこだわった一品。

この丼なべを使い、各々自分の親子丼を作りスタート!
最初のつゆ作りに時間がかかり、ダシ+返し+みりん+利尻昆布で皆さん納得
そこからプロの料理人の指導の元、材料をなべに入れていきます。
・卵は泡が立たないようにかきまぜる。
・つゆと鶏肉が煮立ってきたらネギを入れます。
・鶏肉のころあいを見て、溶き玉子を入れます。
・焦げ付かないように鍋をゆすり、お好みで三葉を乗せ完成!

出来上がりをみんなで食べて、皆さん大絶賛でした。
このプロジェクトのキッカケとなった笹野さんの感想は
すごく美味しくて涙腺にきたんだけど、おふくろの味には1歩及ばないみたいでした。


●コダワリのVTR
「昆布の未来を切り拓いた男 長谷川 由雄 吉村 捨良」


●コダワリのオススメ
・ハンドパワーなライト
全く手を触れることなくライトが付いたり消えたり、
明るさも調整できたり、魔法のような手品のような不思議なインテリア
詳細記事はこちら⇒MATHMOS(マスモス) エアースイッチTC

posted by コダワリ お梅 at 18:34 | TrackBack(0) | 未来創造堂 放送回> 未来創造堂 第151〜160回| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。