オークション情報 『格安便利グッズ』
2009年09月26日
ブックマーク・RSSをご利用下さい⇒

未来創造堂 第180回(最終回) 岸谷五朗 上野樹里

未来創造堂第180回のゲストは、岸谷五朗さん、上野樹里さんでした。

●コダワリのトーク

岸谷五朗さんのコダワリは、食べ物・飲み物の温度

仕事終りのビールを飲む為に一生懸命生きているという岸谷さん
そのビールの温度には、すごくコダワリを持っているようです。
楽屋にクーラーボックスを用意し、中には氷と水を入れ0度をキープした状態
その温度のビールが岸谷さんには最高に美味しいんだとか。
家では、冷凍庫に入れてビールを冷やすそうです。
凍るか凍らないかギリギリのところで冷凍庫から取り出す。命がけの勝負とのこと。

温度のコダワリはビールだけでなく、食べる物にもあるようで
食べ物はアツアツ・ホクホクの物が大好きなんだそうです。
と、いうことで・・お好み焼きの差し入れなんてありえないそうです。
アツアツで食べてこそのお好み焼き、冷めてぐったりしてるのは美味しくないですね。
ご飯もアツアツが好きということで、スタジオに色々な温度のご飯を用意
炊きたての80℃、炊飯器メーカー推奨の65℃、お米屋推奨のおひつに入れた40℃を食べ比べ
岸谷さんは、やはり炊きたての80℃がお好み!40℃ではダメみたいでした。
40℃がダメなら、弁当とかどうしてるの?? 上野樹里さんが質問
弁当はその場では食べず、持って帰ってチンして食べてるそうです。

次に、果物の温度 果物もキンキンに冷えてるほうが好きという岸谷さん
人間が最も甘みを感じる食品の温度は、15℃〜35℃ということで
34℃の保温庫に入れた果物と、0度の冷蔵庫の果物を食べ比べ
梨、メロン、マンゴー、巨峰、皆さんの感想は0℃のほうが美味しいとのこと。
これは・・単純に34℃が温まり過ぎなんじゃないかと思います(笑
最後に上野樹里さんが女性と男性では好みの温度が違うのかも?という発言があり
意外とそうなのかもしれないなぁと思いました。



上野樹里さんのコダワリは、天丼

「てんや」の天丼が好きという上野さん
色々なお店の天丼を食べたそうですが、てんやの味がやっぱり一番良いみたいです。
メニューは上天丼!エビ2本と野菜が乗ってるものがベスト。
天ぷらといったらエビという感じで、イカやアナゴは要らないそうです。
そんな上野さんの為に、スタジオに「てんや」さん登場
実際は機械で揚げているという天ぷらを手作業で揚げ、天丼を作ってくれました。
580円の上天丼、まずはエビから食べ、その後野菜で気を散らせ、最後にまたエビが上野流。
もっと美味しい天丼があるかもしれないけど、きっと値段が高くなるはずなので
580円でこの味で、この質、というのが丁度良いそうです。
エビの尻尾が好きで、天ぷら尻尾まで必ず食べるという上野さん
天ぷらの名店のエビの尻尾だけを用意し、食べ比べをしました。
その中に伊勢エビの尻尾もあり、いい音出して食べてましたが味は無く不味いそうです。


●コダワリのVTR
「プロ野球の未来を切り拓いた男 河野 安通志」

日本で初めてプロ野球を作った人、河野安通志(こうのあつし)のお話でした。
日本では大学野球で盛り上がっていた明治時代、アメリカにはすでにプロチームがありました。
観客は入場料を払い試合を観戦し、選手は球場の外でも人格者として認められた。
それを見た河野は、プロを作ることで技術や品格が向上すると考えプロチームを作ったのです。
河野の信念の言葉と詳細は、未来創造堂HPの180回コダワリのVTRをご覧下さい。
リンクはサイトの左下にあります。

●コダワリのオススメ
今回のオススメはなく、「最終回」の発表がありました。
突然の最終回の発表で驚きましたし、この番組が終わってしまうのはとても残念ですね。
これまでの感謝の気持ちをこめて「インサイト」のプレゼントがありました。
詳細は番組HPにて



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。